NEWS

「Curline(キュアライン)」が「2018年度グッドデザイン賞」を受賞しました。

2018/10/3

株式会社ミック(東京都新宿区 代表取締役社長:松本喜博)は、歯みがきみまもりサービス[処方電動歯ブラシ Curline]において、このたび2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

「Curline」はIoT技術を活かした患者の歯科医院への来院サイクルの構築と口腔健康への貢献を目的にデザインに取り組んだ結果、「健康寿命を延ばす予防医学の発展に貢献するだろう」との普及を期待する高い評価をいただきました。

今回の「Curline」のグッドデザイン賞の受賞は、「はなはなし」に次いで2つ目となりました。当社ではさらなる認知拡大を図るとともに、ものづくりにおけるデザインの活用を積極的に推進し、ブランドイメージの向上に務めてまいります。

「Curline」について

国民の歯科疾患を予防する、口腔ケアサービス。歯科医院で専用の電動歯ブラシに磨く強さ、磨く時間、歯ブラシを当てる角度を患者の口腔状態に合わせてインプット(設定)する。患者はスマホアプリのガイドを見ながらブラッシング、その結果はクラウドで管理され歯科医院と共有、再来院の際にデータを分析しながら最適なみがき方を再設定できる。

審査員コメント

普段おこなう行為を阻害せずに、少しだけアドバイスをくれる、人との距離が優しい機械だと感じた。お節介なIoTデバイスがたくさん生まれている中、こういった適切な距離感を持ったプロダクトも生まれてきているのは素晴らしいことだ。歯の健康が脳や肺の疾患と深く結びついているという研究もある中で、歯医者さんと機械の協業から普段の習慣の認識を少し変えることができれば、健康寿命を延ばす予防医学の発展に貢献するだろう。普及を期待したい。

<グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ>
http://www.g-mark.org/award/describe/48234

 

2018 年度グッドデザイン賞受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITON 2018」に出展

東京ミッドタウンで開催される、最新のグッドデザイン全件が集まる受賞展「GOOD DESIGN EXHIBITON 2018」会場で、「Curline」が本年度受賞デザインとして紹介されます。

<GOOD DESIGN EXHIBITON 2018>
会期:10月31日(水)~11月4日(日)/会場:東京ミッドタウン(東京都港区赤坂9-7-1)
ウェブサイト:http://archive.g-mark.org/gde/2018/

 

本サービスおよび本発表に関するお問い合わせ先
株式会社ミック 総合企画部 E-mail:info@mic.jp

ページトップ